救急集中治療医学への御案内

Information

GUARANTEED

GUARANTEED

君と明日も廻していこう

救急集中治療医学/救命救急・集中治療の特徴は、コラボレーションだと思います。多種多様な急性期医療の得意/専門分野を持った救急集中治療医が集い、各専門診療科や、メディカルスタッフと力を合わせて,患者さんをひとりひとり救って行く、これが私たちの使命でもあり目標でもあります。
しかし現実はそう容易ではありません。急速に展開する病態故に、また、医療の限界を超えた複雑性や困難性故に、救命しえない、社会復帰し得ない事例を経験することは希ではありません。不良な転帰は、現場の協力体制を大きく阻害する要因となります。
一方で、転帰を改善しうる余地があるからこそ、総力を結集する意義があると捉えることも出来るでしょう。我々は現実に真摯に向き合い、限界を認識しつつも、可能な限り提供しうる知識と技術を持って今日も診療に当たるのです。その中で、ひとりひとりの医療従事者が進化し続ける努力を止めないこと、そしてその力を上手くコラボすることを目指すのです。
私たちのこの取り組みや考えに共鳴し、加わって頂ける仲間を、求め続けています。

"今日も廻ってる あぁ この世界 愛しき世界 君と明日も廻していこう"

『進化論』 Mr. Children

ひろしまの丘にて

ここにきて,考えたこと
そう遠くない昔に,失われなくてもよい多くのいのちが奪われたこと
しかし,残った人々の手により,この街はみごとな回復を遂げたこと
それもこれもみな,人の営みの側面であること
そして今もなお,一見平和なこの街の中で、失われなくてもよい命が失われようとしていること

できることは限られているかもしれない
失われてしまういのちの方が多いかもしれない
しかしできるだけの英知と技術をあつめて,救えるいのちを救おう
広島に生まれた人も,外から来た人も
みんなが集い,ちからを合わせて救えるいのちを救おう

そんなことを,桜の散る春の日に,ひろしまの丘で考えた

沿革

1996年11月1日
医学部救急医学 開設
大谷美奈子教授 就任
1997年4月
医学科学生の救急車同乗実習 開始
1998年
ICUに専任薬剤師 配置
2000年7月7日・8日
第22回日本中毒学会総会・学術集会 主催
2002年3月31日
大谷美奈子教授 退官
2002年4月1日
大学大学院医歯薬学総合研究科病態薬物治療学(旧救急医学) 設置
谷川攻一教授 就任
2003年
新病棟内に集中治療病棟部(ICU 8床/HCU 16床/熱傷室 2床) 開設
2004年3月
三次被ばく医療機関 指定
2005年4月1日
(医学部創立60周年)
高度救命救急センター 開設(高度救命救急センター 20床/ICU 6床)
文部科学省特別教育研究費「地域との連携による「救命救急医療」の高度化事業」採択
(2005年~2009年)
2007年5月26日
第23回日本救急医学会中国四国地方会 主催
2009年4月1日
救急科 設置
2010年4月1日
文部科学省特別経費大型プロジェクト 「ドクターヘリ・ICTを取り入れた総合的遠隔地救急医療支援人材育成プログラム」採択(2010年~2012年)
2011年3月11日
東日本大震災被災地へDMATおよび緊急被ばく医療チーム派遣
2012年2月1日
HCU 設置
2012年3月29日
広島県災害医療支援拠点病院指定
2012年4月1日
大学大学院医歯薬保健学研究院応用生命科学部門救急医学 改組
2012年8月24日
第1回日本放射線事故・災害医学会 主催
2013年4月1日
広島県ドクターヘリ(広島県ドクターヘリ基地病院指定) 就航
文部科学省特別経費大型プロジェクト 「大災害被災地医療を担う人材育成のための横断的教育
プログラム-被災地における長期医療ニーズに応える医療人育成-」採択(2013年~2015年)
2014年8月20日
広島市安佐地区豪雨土砂災害被災地へ医療チーム派遣
2014年11月29日
第23回日本熱傷学会中国四国地方会 主催
2015年3月31日
谷川攻一教授 福島県立医科大学 異動
2015年9月1日
志馬伸朗教授 就任
2016年2月1日
大学大学院医歯薬保健学研究院応用生命科学部門救急集中治療医学 改称
2016年4月
災害等の医療支援・熊本地震
2017年~2021年
【国立研究開発法人日本医療研究開発機構 (AMED)】
医療機器等における先進的研究開発・開発体制強靱化事業
術中の迅速な呼吸異常評価のための連続呼吸音モニタリングシステムの研究開発
2018年~
災害等の医療支援・福島県ふたば医療センター附属病院への医療支援
2018年5月11日・12日
日本救急医学会中四国地方会(広島市) 主催
2018年7月6日-29日
広島豪雨災害へ医療チーム、統括本部要因派遣
2018年10月13日・14日
小児集中治療ワークショップ(京都市) 主催
2019年4月1日
大学院医系科学研究科救急集中治療医学 改称
2020年
【診療科・病床】
高度救命救急センター/ICU/HCU再編(2020年)
→高度救命救急センター(ICU10床、ECU12床)、HCU10床へ

【国立研究開発法人日本医療研究開発機構 (AMED)】
ウイルス等感染症対策技術開発事業(実証・改良研究支援)
呼吸音遠隔モニタシステムに関する研究開発

危機医療センター設置
2020年1月
【診療科・病床】
病院診療科名:救急集中治療科に改称
2020年7月
災害等の医療支援・九州豪雨災害におけるDMAT派遣
2020年~2021年
災害等の医療支援・新型コロナ感染症流行における医療派遣(札幌、東京)
2021年
【国立研究開発法人日本医療研究開発機構 (AMED)】
新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
新型コロナウイルスに対する体外式膜型肺(ECMO)診療データベースの利活用
2023年
日本集中治療医学会第50回学術集会主宰(予定)